ふすまの張替え

施工の流れ   料金表   ふすま張替え   ふすまQ&A

お問い合わせから施工まで 施工の流れ

1. お問い合わせ

0567-28-7404
お電話お待ちしております。スタッフが丁寧に対応いたします。
ar2.gif

2. 内容確認

どのようなご相談・ご依頼か簡単にお伺いいたします。
ar2.gif

3. 現地確認・打ち合わせ

現地で状態など確認し、サンプルをお見せしながらご希望をお伺い致します。
ar2.gif

4. お見積り

お値段・納期などお知らせいたします。ここまで無料。
 

ご依頼から完了までの流れ

1.ふすまの引き上げ
pho_f_covering01.jpg
 
2.工場にて張替え
pho_f_covering02.jpg
 
3.配送
pho_f_covering03.jpg
 
4.調整・仕上げ
pho_f_covering04.jpg



ご予算・用途に合わせプロがご案内 料金表  税込価格

ふすま貼り替え料金表  税込価格

ランク片面1本
(押し入れ用)
両面1本お客様の声
E ¥2,980 ¥3,280 管理会社より安かった。
D ¥3,980 ¥4,980 とりあえずフスマが破れていたのでこれにしました。
C ¥4,860 ¥6,480 フスマ紙の柄がいっぱいあり、選ぶのが楽しかった。
CC ¥6,680 ¥8,300 お店の方に、当店おすすめと言われ決めましたが、やはり正解でした。有難う御座います。
B ¥8,680 ¥11,880 フスマ紙の柄が奥深く迫力がありました。
A ¥10,800 ¥15,200 フスマ柄が引手より上にあり4枚とも柄が違ってよかった。
※すべて税込価格
※ランマ・天袋・地袋の場合は2割引~5割引です。
※巾広サイズ・丈長サイズは別料金(2~5割増)となります。
※ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

障子貼り替え料金表

ランク一般障子
雪見障子お客様の声
B ¥2,940 ¥3,580 やっぱり自分で貼り替えるよりキレイです。
A ¥3,980 ¥4,580 紙の色合いがすばらしかった。
※すべて税込価格
※ランマの場合は2~5割引
※ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

いろいろ柄が選べます。 ふすま張替えについて

ふすま張替えはプロにお任せ!

ふすま張替えは一見、簡単に出来そうに思えますが、 失敗して下地を傷めたり、縁を傷めたり反ったりなど 次に張替えが出来なくなってしまうことがあります。
  pho_f_covering05.jpg
pho_f_covering06.jpg  

ふすま紙・引き手も豊富!

ホームセンターなどで手に入るふすま紙よりも 豊富な種類の紙を取り揃えております。 サンプルがありますのでお見積りの際に 見本をお持ちしてお客様のお部屋にあった ふすま紙を決めていただけます。

疑問にお答えします ふすまQ&A

Q : ふすま紙の種類はどれくらいあるものですか?

「近くのリフォーム店に張替えを依頼したが、ふすま紙の見本帳が2冊程度しかなく、これだけしかないと言われたのですが、沢山あるものですか?」 遠方の方からもそんなお問い合わせをよくいただきます。残念ながら、ふすま紙の見本帳は、ふすま作成・張替えを専門としている店舗にしか多くは存在しません。 また「低価格」を売りにしている業者さんには、低価格のふすま見本帳しかないと思われます。
当店で揃えているものも、ふすま紙の見本は一部だと思いますが、それでも一つの本棚が埋まる程の量です。 低価格のものから高級品まで、多く取り揃えておりますが、まだまだ他にもふすまは存在します。
また、高価なふすま紙の見本帳には、購入しなければならないものもあります。 「沢山の見本帳からふすま紙を選びたい」と思われる方は、ふすま作成・張替えを専門としている店舗にお尋ねになるのが一番だと思います。

Q : どの程度で張替えが必要となるのでしょうか?

一概に「ふすまなら何年、障子なら何年」とは特定できません。 襖骨の種類や、フチの材質、引手の材質、紙によっても張り替え時期は異なりますし、 設置されているお部屋の湿度や住まいなどでも張り替え時期ことなってきますので、 はっきりと「この襖は何年しか使用できない」とは言い切れません。 ずばり、破れたり紙が劣化したら張り替えましょう。

Q : ふすまはすぐに破れますよね?

ふすまも大量生産がされ始めてから、下張りもせず上張りだけのふすまが多くあります。 当店でも、お客様から張替えをご依頼頂いたふすまを見ると、下張りがされていないものを見受けます。 下張りのされていないふすまは、強度的な問題があります。 また、上張りの襖紙も楮・三椏・雁皮などを使用して作成された「鳥の子」などの襖紙は長い繊維が絡み合って、破れにくいものです。 糸の入った「紗」と呼ばれる織物系の襖紙もかなり丈夫。天然素材系の織物系襖紙にいたっては、ほとんど「布」のような状態なので、 破れにくさはピカイチかもしれません。「ふすまはすぐ破れる・・」とは、簡単に言えないかもしれませんね。

Q : ふすまを片面だけ張替えたいのですが?

ふすまを張り替える際には、両面張替えをお勧めいたします。 ふすまを貼る際、ふすま紙を水で濡らします。 これは、仕上がった際に「しわ」などが出来ないようにするためです。 ふすま紙を貼り終え、紙が乾く際に(新しくふすま紙を貼った面が)紙の力で縮むため、ふすま全体が反り返ります。 そうすると、ふすまの開閉時に隙間が生じたり、ふすまの開け閉めが出来なくなる事があります。 「片面張替え●●円」としているところがありますが、「片面張り替えると反り返るけど、それでも良いか?」と結局は両面張替えを勧められ、 押入れのふすま張替えに倍額の値段を請求された・・・というお話をお客様から耳にしたことがあります。 ふすまの反り返りを回避する為にも、ふすまを張り替えられる際には、両面張替えをお勧めいたします。

Q : 障子紙はなぜ白いものばかりなのでしょうか?

もちろん、色の付いた紙を使用することも可能です。 ただ、窓際で直射日光を大量に浴びる為、紙の色あせが激しいという問題があるので、 障子紙は白いものとなっている経緯があります。 障子紙は、直射日光をやわらげ、部屋の中に「ほのかなやわらかい光」が入ってくるように白く作られています。 「白い障子紙」と一言では片付けられないほど、障子紙にも種類があります。 是非、さまざまな白い障子紙を実際に手に取ってご覧下さい。

Q : ふすまと柱に隙間がありますが、直りますか?

もちろん直ります。ふすま納品時に建付け調整します。 ただ、限界もございますのでご了承下さい。

このページのトップへ